思考を垂れ流す、ただそうするだけのブログ

ブログ名の通り。ある人のブログを見て、こういうブログもいいなと思って始めました。あまり深く考えずに記事を作っているので、バカみたいなことを書いてる部分が多々あると思います。

雑考:ロボット・AIに道徳判断をさせるとはどういうことか

問いの分類(もちろん、相互に関連すると思う)

  • メタ倫理的な問い
    • 動機づけられるのか
      • そもそもロボットに動機づけはあるのか
      • 判断後にそのように行為することは、動機づけられていると言えるのか
    • 行為理由が与えられるのか
      • ロボットが行為するとはなにか
        • ロボットには意図があるのか
      • ロボットは理由を持つのか
        • 理由を持つこと、理由を答えること
        • 「なぜそうすべきか?」に答えられるなら、それは理由を持つことになるのか、単に理由を答えただけなのか
  • 責任的な問い
    • 道徳判断できる主体に責任を帰すべきか
    • ロボットの道徳判断を信頼できるか(信頼問題)
  • 工学的な問い
    • どのようにして道徳判断させるのか
    • ロボットが道徳判断する条件とはなにか
      • 真偽のみを判断するのか、行為が伴わなければならないのか

 

  1. 行為者が合理的であり誠実に道徳判断をすれば、意志が弱いかそうできない状況下にあるのでもないかぎり、道徳判断には動機づけが伴う。(動機づけ内在主義)
  2. 道徳判断に動機づけが伴わなければ、意思が弱いか、そうできない状況下にあるか、合理的でないか、誠実でないか、道徳判断をしていない、の少なくとも1つ以上が当てはまる(1の対偶)
  3. ロボットは判断に従って行為できる状況下にある(仮定)
  4. ロボットは意思が弱くなく、また合理的であり、誠実である(ロボットに関する事実1)
  5. ロボットの道徳判断(と思わしき判断)には動機づけが必然的に伴うわけではない(事実2)
  6. したがってロボットは道徳判断をしていない(結論)

仮定は単なる仮定なので疑う対象ではない。

事実1と2が怪しいが、事実2は想像できるのであまり疑わしくない。よって事実1が怪しい。事実1は連言なので次のように分解。

  1. ロボットは意志が弱くない
  2. ロボットは合理的である
  3. ロボットは誠実である

1と2は(ロボットを行為者とみなすかぎり)怪しくないように思う。怪しいのは3。